医療裁判傍聴記

医療裁判傍聴および記録閲覧を通じて得た知見をはじめ,その他裁判関係の話題をご紹介。このブログでラフ・スケッチを掲載し,後日正式記事としてまとめた場合は,拙サイトの医療裁判・医療訴訟コーナーに上梓します。

老健で高齢者の脱水を見逃し有責となった訴訟

2020年9月25日

老健施設で73歳女性の脱水を見逃し,敗血症性ショックで亡くなり,裁判で3000万円余りの賠償を認められた事件です。事件番号は東京地裁平成28年(ワ)第13150号。
 
原告は亡くなった73歳女性の遺族で,被告は入所していた被告施設(老健)と,救急対応をした別組織の被告病院でした。一審では被告施設と被告病院双方が有責となりましたが,控訴審は被告施設のみ有責となりました。
 
この記事は,事例紹介のための記事です。後日削除する可能性があります。

2014年

1月6日,被告施設に入所。既往:下肢閉塞性動脈硬化症,2型糖尿病,慢性腎機能低下,高血圧,高脂血症,慢性うっ血性心不全等。慢性下痢の状態。軽度認知症あるもADLは見守りないし一部解除レベル。体重39~43kg程度。3食完食。お茶120ml×4回のほか,ペットボトルのお茶を1日1000mL。排尿1日3~8回,排便1日2~7回。軟便,泥状便,不消化便,水溶便がほとんど。ジャヌビア,ラシックス,アルダクトンA,ブロプレス,アロシトール,プレタールOD,クレストール,ラックB-Nを服用。

 

11月11日 少量の軟便1回,多量の水様便1回,排尿3回

 

11月12日 多量の普通便1回,多量の水様便1回,少量の泥状便1回,多量の不消化便1回,排尿8回。

08:30頃 多量の嘔吐。BT 36.4,PR90, BP99/64, SPO2 98%

その後吐き気はなくなるが,下痢続く。口渇,食欲不振,倦怠感などあり。

 

11月13日

多量の水様便あるいは不消化便2回,排尿3回

10:00頃 BT36.7, PR68, BP100/62, SPO2 98%

10:00頃 口渇を訴えお茶を飲む。看護師の指示で朝食は禁食。医師の判断で昼食から全粥と刻み食に変更。

14:00頃 昼食,通常量の半分の昼食を3割しか食べず。

17:30頃 夕食は食べず。500mLの補液を施行。

 

11月14日

少量の軟便1回,多量の粘液便1回,多量の泥状便1回,排尿4回

10:00頃 BT36.3, PR 72, BP138/80, SPO2 98%

朝食食べず,口渇を訴えて時々飲み物を飲んだ。

11:45頃 500mLの補液。昼食は食べず,お茶を1杯飲んだ。ボーッとした様子。

15:00頃 BT36.5, PR 60, BP93/67, SPO2 97%。間食,お茶は拒否。活気なし。

20:30頃 BT36.7, PR 106, BP128/87, SPO2 85%。うつろでボーッとしていた。声掛けに反応するがすぐ閉眼。看護師判断で酸素3L投与決定。SPO2は一時93~94%に。その後85~98%の間で上下。

22:55頃 胸苦あり。SPO2 85%。酸素投与を5Lに増量。時折体が痙攣様にぴくつく。

23:30頃 看護師判断で病院への搬送を決定。被告病院以外の2施設に打診したが断られ,被告病院に搬送決定。

 

11月15日

排便,排尿状況不明。

00:30頃 点滴をつないだまま,被告施設の看護師が付添って搬送。

00:55頃 被告病院を受診(それまで受診歴なし)。胸部X-p施行。酸素3L投与にてSPO2は手指で92%,足指で100%。BT 36.7, PR 93, BP 139/114. 苦しくないか尋ねられ,特に大丈夫と返答。肺雑音,心雑音認めず。胸部X-pも異常陰影,心拡大認めず。呼吸状態安定。足のむくみ認めず。被告病院医師:意識レベル問題なし,心疾患肺疾患否定。被告施設に帰した。この間被告病院の医師は,付添していた被告施設の看護師に病状経過をしっかり尋ねなかった。

01:30頃 点滴漏れあり,抜針。

05:00頃 BT 36.4, PR 103, BP 107/94, SPO2 83%,その後は80~96%で推移。

08:00頃 朝食食べず,内服薬服用せず。

09:30頃 BT 37.6, PR 90, BP 78/67, SPO2 80%,意識状態悪化(レベル I-3),酸素投与2L再開。外部受診必要と判断。被告病院以外の4病院に断られ,救急車を要請し,結局12:00頃,再度被告病院に搬送することを決定。

12:23頃までに,ECG,採血,胸部X-p,胸部・頭部CT施行。診察。BT 37.4, PR 106, BP 63/43, SPO2 86%,その後BT 37.3, PR 49~54, BP 72/51, SPO2 73%。胸部X-p,胸部CTで気管支炎を疑い,またWBC 26000, TropT陽性から,急性心筋梗塞を疑い,13:25頃,災害医療センターに転送決定。他の生化学 BUN 176.9, Cre 11.75, UA 11.3等。

搬送中,酸素10L ,SPO2 77%から97%に上昇。

13:39頃 災害医療センターに到着。BT 36.6, PR 102, BP 80/42, SPO2 測定不能。心雑音なし,呼吸音正常。貧血,口腔内乾燥,末梢冷感著明。

約2000mL急速輸液,昇圧剤投与。ECG,採血,尿,頭部CT,胸腹部CT施行。心原性の病態を否定し,脱水及び尿路感染等による敗血症によるショック状態と判断。

73%敗血症性ショック,循環血漿量減少生ショック,慢性腎不全急性増悪等と判断。血栓形成傾向となり塞栓症,腸管壊死につながっていると指摘。

 

救命病棟に入院。入院中 BT 34.3~36.8,人工呼吸器,人工透析管理,2698mL~6005mL/日の補液,昇圧剤,輸血等施行。VT,PSVT発症に対しカウンターショック施行等。

 

11月19日 死亡。死亡診断書の直接死因欄には敗血症性ショックと記載あり。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の東京地裁カンファレンス鑑定など

2020年1月27日

午前の仕事を終えて東京地裁に到着し改定表をチェックすると,医療訴訟の第1回弁論と,医療訴訟の鑑定人尋問が続けてありました。鑑定人尋問にはラウンド法廷(丸テーブルに裁判官,代理人弁護士,証人等が座る方式の法廷)があてがわれており,カンファレンス鑑定と推察され,実際そのとおりでした。

第1回弁論の方は,過失の中身として「生検をしたあとに消毒をするべきだ」とか,「電話対応で直ちの来院を指示すべきだ」とかいう話でしたが,裁判長いわく,後遺症慰謝料の請求はないようだというのです。この点について原告代理人に尋ねると,後遺症については協力医からまだ確定的なことを聞いていないというのです。なにか事情があるのかも知れませんが,そんな状態で提訴に踏み切っていることが驚きではあります。

カンファレンス鑑定の尋問の方は,糖尿病,閉塞性動脈硬化症などを患っている患者さんの,大腸癌の診断と手術,また椎体看板炎で下肢麻痺をきたし,1年ほどの経過で亡くなられたという事例。昔はカンファレンス鑑定をやると言えば,傍聴席が医療訴訟を手掛ける弁護士の方々で埋まってしまって,ときとして傍聴できないこともあるような状況でしたが,最近はそういう場面に遭遇することはまずなく,今日の傍聴人は私を含めてわずか4人でした。

詳しい内容は省きますが,印象深かったのは,医療側の代理人弁護士からの質問の少なさと,遺族側の代理人弁護士からの質問の冗長でした。医療側代理人から鑑定人に対する質問がわずか1回,それも訴訟の行方を左右するようなポイントではなくて,念のためダメ押しをしたような印象でした。対する遺族側代理人の質問は,「重複になりますが」を繰り返し,針穴を通すが如きわずかな可能性をなんとか導き出そうという質問の連発でした。まあ勝負は下駄を履くまで分かりませんが,本日終結,判決日も指定されて,どんな判決が出るかはなんとなく想像がつく気がしたというものです。

今日は本当はある事件の訴訟記録をじっくり閲覧するつもりだったのですが,上記2件の傍聴のために,時間がどんどん溶けてしまって閲覧の方はほんのちょっとだけになり,後日続けて閲覧することになってしまいました。しかも昼食も食べれませんでした。我ながら馬鹿だなぁと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本透析医学会 毎日新聞の記事に対する調査委員会への手紙

2019年4月19日

毎日新聞による公立福生病院透析中止報道問題関連です。

報道が開始されて10日ほど経過した平成31年3月17日,日本透析医学会のガイドライン(提言)に問題があると感じ,以下の文面の手紙を送りました。記録として残しておきます。

———————————————————–

前略

私は東京で眼科診療をする傍ら,医療訴訟に関心を持ち日々研究をしております,峰村健司と申します。

近時,公立福生病院における透析中止問題で,貴会(日本透析医学会,以下同様)が作成された「維持血液透析の開始と継続に関する意思決定プロセスについての提言」が話題になっており,また貴会の毎日新聞の記事に対する調査委員会が当該病院に立入調査をしたとの報道もあり,強い関心を持っております。

そこで私も上記「維持血液透析の開始と継続に関する意思決定プロセスについての提言」(以下,本件提言)を拝見したところ,この提言には看過できない非倫理性を含んでいると考えられましたので,私見を述べさせて頂く次第です。

1) まず,本件提言278頁14行目には「治療の選択は患者ならびに家族に決定権がある.」との記載があります。これは極めて深刻な間違いで,診療契約の対象は患者本人であり家族ではありませんから,原則として決定権は患者本人に属します。多くの場合,患者家族にも決定権があるように見えるかも知れませんが,実際には通常の意思決定能力がある患者の場合は,家族と協調することについて同意をしている必要があると考えられます。逆に患者本人と家族間に対立があり,家族と強調することを患者本人が同意しない場合には,家族の決定権はないことになります。このような状況は多くはないとはいえども,極めて珍しいことともいえないので,条件なしに「治療の選択は患者ならびに家族に決定権がある.」などと提言で断言することは極めて不適切と考えます。

2) 同278頁3行目には「維持血液透析開始あるいは継続によって生命が維持できると推定できる患者が自らの強い意思で維持血液透析を拒否する場合には,医療チームは家族とともに対応し,治療の有益性と危険性を理解できるように説明し,治療の必要性について納得してもらうように努力する.」との記載があります。ここでも条件なしに「医療チームは家族とともに対応し」と書かれていますが,1)で述べたように,患者本人の同意なく家族をその対応に当たらせることは極めて問題です。また,患者が拒否する場合には説明をして治療の必要性を納得してもらうように努力をするとの旨が書かれていますが,決心がついていない患者であれば別として,既に「強い意志で…拒否」している場合について,さらに翻意させる努力をするということは,ともすれば患者本人の自己決定権に介入する行為になりますので,上記の記載は不適切で,文言の修正が必要と考えます。

3) そもそも治療行為は,患者本人が「治療を受けたい」と言っても医療側に理由があればそれを断る場合はあっても,患者本人が「治療を受けない」と言うのにそれに反して治療を行えば犯罪(業務上過失致死傷)の要件を満たす可能性があるのであって,そのような状況の下,患者の「治療を受けない」という強い決心を強引に翻意させた場合,その翻意させた行為に不適切があれば極めて大きな問題となると考えられますので,2)で挙げた問題点は単なる自己決定権の侵害にはとどまらない結果を発生させる可能性があると考えます。

4) この平成年間の医療訴訟における一大テーマは,自己決定権の尊重とパターナリズムの排除であったと考えます。それはエホバの証人輸血拒否に関する最高裁判所判決(最高裁判所第三小法廷平成12年2月29日判決)から一貫して裁判所が取る方針と考えます。そのような中,その方針とは真逆とも思われる本件提言は,法的な問題をも引き起こす可能性があるのではないかと危惧します。本件提言の作成には小川義龍弁護士が関与されているようですが,本件提言の内容について改めて相談されたほうが良いのではないかと考えます。

5) 毎日新聞の記事に対する調査委員会には,外部委員として上記小川義龍弁護士を含む3名の弁護士が参与されているようですので,特に弁護士委員には調査内容をよく確認してもらい,本件提言に見られるような倫理的に問題となりうる点が排除された最終報告を残して頂きたいと考えます。

以上,医療訴訟に関心を強く持つ一医師として,私見を述べさせて頂きました。

草々

このエントリーをはてなブックマークに追加

やめれば死亡する治療の継続を拒否し,その結果亡くなった患者の遺族が起こした裁判

2019年4月11日

証人尋問の一部を傍聴 した,東京地裁医療集中部の事件です。全部を傍聴したわけではないので,わかった要点だけをかいつまんで紹介したいと思います。事件番号は平成29年(ワ)第9227号。

慢性骨髄性白血病の患者が,グリベックという特効薬を服用していたものの,副作用が辛くて2013年に休薬を願い出たそうです。患者さんはその後に亡くなり,遺族が提訴しました。

諸事情から血液内科専門ではない医師が担当していました。グリベックがよく効いており,服用を続けていれば良くなっていた可能性が高い一方,服用を中止すれば死亡する可能性が高いと認識していました。そんな中,患者が休薬を希望したため,医師は服用を継続するよう説得を試み,その説得内容についての詳細な記載も残っているとのことでした。それでも説得はうまくいかず,やむなく「投薬の休止願い」を書いてもらい,投薬を中止したとういのです。担当の先生は,一般には休薬願いを書いてもらっても,説得によって再開をした人が多かったと証言していたので,この患者さんに対しても,休薬後も説得を試みていたのだろうと思います。

原告(遺族)からの主張の中には,「グリベックから第2世代の薬に変えるべきだった」「無理矢理に服用させるべきだった」との主張があったとのことでした。

1つ目の主張に対しては,当時はまだ第2世代は多くは使われていなかったし,効果の違いはよくわからなかった,グリベックがとても良く効いていたので,服用するよう説得することが治療だと考えていたということでした。この点については私は門外漢ですから,評価ができません。

2つ目の主張に対しては,縛ってでも飲ませることはできなかった,と証言されていました。これは全くそのとおりで,意識の明確な大人に対して,本人が望まない治療を強制することが,どれほどの人権蹂躙になるかを考えれば当然です。かつて,日本の医療界では患者を縛ってでも治療することが正義と考えられていた時代があったように思いますが,少なくとも近時の裁判所の判断では,患者の自己決定権を重く捉えていますし,私もそれがより妥当な考えだと思います。

昨今,人工透析治療を巡って,患者が中止を希望しても中止してはいけないだとか,透析を中止するような選択肢を提示してはいけないだとかいうようなおよそ頓珍漢な議論がなされている中,この裁判の動向にも注目したいと思っています。

令和2年9月11日追記:この事件の事件記録を閲覧して書いた本記事をアップしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士は懲戒請求ぐらいでガタガタ言うべきではない?

2018年12月23日

大元は,「ぽぽひと@常時発動型煽りスキル持ち」(平成30年12月23日時点での呼称。以下,ぽぽひと先生と記す)という弁護士の先生のツイートです。

「医療過誤訴訟における医師の被害妄想でありがちなんだけど、実際は医療事故で医療側が敗訴するケースの何倍ものケースで医療側が勝訴してるし、その何十倍も訴訟提起すらせず断念してる事案がある。」

とのことです。確かに,以下の最高裁発表の資料によれば,医療側が勝訴するケースは医療側が敗訴するケースの3~5倍程度となっています。

地裁民事第一審通常訴訟事件・医事関係訴訟事件の認容率

また,「その何十倍も訴訟提起すらせず断念している」という点は,統計があるのかどうか知りませんが,少なくともあながち間違っているともいえないだろうという肌感覚を私も持っています。

ぽぽひと先生は,「医師の被害妄想」だと述べられました。引用元ツイートには「世界一産婦が死なない国であるのに,死ねば産婦人科医は訴えられて負ける」と書かれており,訴訟リスクへの不安を述べたものと考えられるところ,それは被害妄想だということのようです。

このやり取りには若干の齟齬があるように思われ,全てをそのまま受け取るのは適切ではないと思いますが,少なくともぽぽひとさんが「医師の訴訟にまつわるリスクは高くない」ということを言っていると捉えて良いだろうと思います。

ところでここに,弁護士に対する懲戒請求事案の集計がありました。

懲戒請求事案集計(平成5年~平成29年)

これを見ると,懲戒請求された件数に対して,実際に懲戒された件数は概ね3%台と,極めて低いようです。細かく見るとさらに指摘できる点はありますが,ざっくりいって医師の訴訟リスクと比べて特段高いリスクということはないと言えそうです。

昨今話題になっている,北周二先生,佐々木亮先生らに対して内容不明の大量懲戒請求がなされた事件は論外と思い,私も一部カンパをさせて頂きましたが,そういう異様な事例は別として,基本的には懲戒請求は弁護士が意に介するほどのものではないと考えて良さそうです。しかも医師が訴えられれば医療の素人である法律家に裁かれ,多くの医師が到底承服できないような内容の判決を出されることがあるのに比べれば,懲戒請求は同業者による評価がなされるものであり,その点でも心理的な負担は軽いだろうと思います。

もっとも,私の考えでは,たとえ同業者による評価を受けるものであったとしても,負担は決して少ないというものではないと思っています。私が傍聴した以下の弁護過誤訴訟では,被告(弁護士)に敗訴する理由が到底あるようには見えないにもかかわらず,「これ以上被告乙1として,原告の請求に煩わされる時間が増えれば,事務所経営者として業務上取り返しの付かない損失を被る危険が」あると主張されており,少なくとも時間的負担は少なくないだろうとの印象を持ちます。

魅惑の弁護過誤訴訟・結末編

ぽぽひと先生は,医師が訴えられれば,異業種の素人に全てを説明しないとならず,大変な負担であるという現実に,少しは配慮した発言はできなかったのかなと思います。

また,医療訴訟について触れるのであれば,中には本当にとんでもない事例があるという現実も知ってもらいたいと思います。最悪の例は以下のものです。

大橋弘裁判長トンデモ訴訟指揮事件(法律家向けバージョン)

このエントリーをはてなブックマークに追加

医療裁判・医療訴訟
医療裁判傍聴ブログ新着記事: 老健で高齢者の脱水を見逃し有責となった訴訟 | 今日の東京地裁カンファレンス鑑定など | 日本透析医学会 毎日新聞の記事に対する調査委員会への手紙 | やめれば死亡する治療の継続を拒否し,その結果亡くなった患者の遺族が起こした裁判 | 弁護士は懲戒請求ぐらいでガタガタ言うべきではない? |
★基礎編: 医療事故を裁判で裁くのは好ましくありません | 裁判傍聴の方法 | 裁判記録閲覧の方法 | 書類送検について | 医療訴訟の原告の方へのアドバイス | 医療訴訟の患者側勝訴率が急低下 | 裁判官の方々へのメッセージ | 「業務上過失人権侵害罪」の立法を | 沖田光男さん痴漢誤認逮捕事件の差戻し審判決に思う | 医療訴訟の現状と問題点 | (HTML版はこちらから) | 訴訟記録閲覧時のメモ取り行為と,裁判の公開原則,レペタ裁判の関係 | 宮川光治裁判官の余計な一言 | 手術の合併症と法的過失 | 画像検査の見逃しと法的過失
★事件編: 抗癌剤内服拒否死亡事件妥当妥当 | クルーズ船脳出血発症緊急搬送訴訟 | 高松三つ子緊急帝王切開訴訟 | 静岡羊水塞栓症訴訟(富田善範裁判長の不適切訴訟指揮)妥当 | 大橋弘裁判長トンデモ訴訟指揮事件妥当 | 富山医科薬科大学MRSA腸炎訴訟 | 代理人が辞任してしまったので・・・和解 | リピーター弁護士 なぜムリを繰り返すのか不定不定 | 沖縄総胆管結石摘出不成功訴訟和解 | 不要な点眼処方は暴力行為だ!和解 | 素人も削ってみたけれども、悪いのは歯医者です和解 | 眼底造影検査アレルギー死亡訴訟妥当妥当 | 開業医時間外診療拒否訴訟和解 | 異食症高齢者誤嚥死亡訴訟 | 行き当りばったり提訴医療訴訟事件妥当 | 三平方の定理血管穿刺訴訟妥当 | 日野心筋梗塞訴訟妥当 | 京卵巣腫瘍摘出尿管損傷訴訟妥当 | 老人ホーム誤嚥常習者心肺停止訴訟和解 | 椎間板ヘルニア術後下垂足訴訟和解 | 北陵クリニック筋弛緩剤点滴事件妥当妥当妥当 | これを治っているというのはどこの医者だ!和解 | 東京産婦MRSA感染訴訟 | 徳島脳性麻痺訴訟不明微妙 | 医療問題弁護団問題1和解 | 医療問題弁護団問題2和解 | 医療問題弁護団問題3和解 | 医療問題弁護団問題4 | 谷直樹弁護士の謬論 (医療問題弁護団問題~5~) | 青森里帰り妊婦OHSS訴訟C以上妥当 | 一宮身体拘束裁判妥当妥当 | 八戸縫合糸訴訟妥当 | 加古川心筋梗塞訴訟 | 東京脳梗塞見落しカルテ改ざん訴訟妥当和解 | 東京の皆さ~ん,こちら岡山で~す妥当 | 関東中央病院PTSD訴訟妥当妥当 | アヴァンギャルド癌治療訴訟和解 | 十日町病院術中死訴訟妥当 | 腰椎圧迫骨折保存療法訴訟和解 | ゼロ和解したRSD訴訟和解 | 福島VBAC訴訟和解 | 過剰な吸引分娩による胎児死亡訴訟微妙妥当 | 産婦大量出血死亡訴訟妥当 | 新島骨折見逃し訴訟 | 奈良先天緑内障訴訟 | カルテ改ざん訴訟妥当妥当 | 円錐角膜移植手術後散瞳症訴訟妥当 | 奈良救急心タンポナーデ訴訟妥当 | 亀田テオフィリン中毒訴訟 | 村田渉判事の判決文に学ぶ1妥当 | 村田渉判事の判決文に学ぶ2妥当 | 村田渉判事の判決文に学ぶ3妥当