姫路駅0番のりば

 (ひめじえき)
  Himeji station, Hyogo

平成20年12月21日,在来線ホームの高架化に伴い,この0番のりばは廃止されました。

所在地 兵庫県姫路市
使用会社 JR西日本
使用路線 姫新線
ホーム形態 駅舎隣接
単式/島式 単式(対向式)
頭端式
切欠き式 ×
1日発車本数 7本(H19.3)
主な呼称 ゼロ番のりば
構内図(JR西日本) | wikipedia | 凡例

 ホーム自体は昔からあったものだが、「0番のりば」を名乗るようになったのは、昭和63年(1988年)10月3日の ダイヤ改正かららしい。そして平成20年12月21日,在来線ホームの高架化に伴い,この0番のりばは廃止された。


北口駅舎

南口駅舎

北口駅前正面には名城姫路城が一望できる。

姫新線は0番のりばと1番のりばから。

北口を入ると、0番のりばは右手に。

例によって主張する0番のりば。

列車が待機中。

列車、駅名表示板、番線表示の三位一体画像。

末端部分。この側線の分岐に意味があるのだろうか。

他の線路から姫新線に乗り換えるときの案内表示。

さらに主張する。

ちなみに播但線はインフレ番号の31・32・33番のりば。


[御意見簡易送信窓]批判・激励・文句,なんでも歓迎。

 メール(任意)
 名前(任意)

本文公開可 非公開希望 私信

確認欄←ここに""と入力してから、「OK」を押してください