成東駅0番線

 (なるとうえき)
  Naruto station, Chiba

所在地 千葉県山武市
使用会社 JR東日本
使用路線 東金線
ホーム形態 駅舎隣接
単式/島式 島式
頭端式
切欠き式 ×
1日発車本数 27本
主な呼称 ゼロ番線
構内図(未掲載) | wikipedia | 凡例

  千葉県の都市部の末端のような駅。東金線用の0番線は発着本数も比較的多い。駅前には,太平洋戦争終結直前に,当地がアメリカ軍によって攻撃されたために起きた爆破事故に対する記念碑が建てられている。鉄道愛好家ならば,是非一度は訪れて,往時を偲んでみて頂きたいものである。


駅舎前景

少し近寄るとこんな感じ。

ちなみに平成18年にはこんな駅舎でした。

駅前風景

洒落たレンガ風の駅構えと比較すると,いまひとつパッとしない印象。

改札口。「Suicaが便利です。」

改札を入って右に進むとのりば案内がある。「両国方面」の部分,両国の部分には訂正シールが張られていたものをはがされた跡がある。

駅構内トイレの前に,伊藤左千夫の石碑が鎮座。

右が0番線,左が1番線。

その右側に進むと,0番線です。

 

当駅の0番線はあまり主張が強くない模様。

その0番線からの眺め。「空室あり」?

「客室,洋服ダンス,テレビ,共同アンテナ付。駅まで0分。町営ガス水道台所,風呂場,親子電話の設備あり」

・・・ちょっとしたタイムトリップな感じ。


 車止め。その向こう左側に構内トイレが,その構内トイレの向って右側に石碑が。

ところで2・3番線の番線表示は,JR東日本仕様のよく目にするタイプ。

ちなみに,2・3番線ホームの跨線橋入り口。

東金線はこの橋を渡り0番線…

0番線は左へ。

0番線もう一枚。

もう一度駅を出てみる。こんな石碑がある。

当地の鉄道敷設の功労者である安井理民氏をたたえる石碑のようだ。これはありがちな石碑だが,

それよりも重いのはこちら。

礎について

昭和二十年八月十三日、敵機グラマンの攻撃を受け、成東駅構内下り一番線に停留中の軍弾薬積載貨車は十一時四十分、火煙を発した。之を認めた国鉄職員十五名将兵二十七名は、被害を最小限度に止めようと機を失せず、身を挺して貨車の隔離消火に努め、一方旅客及び町民を避難させたが、必死の健闘も空しく十一時五十八分弾薬はついに爆発して全員、悉く壮烈な最後を遂げ、平和の礎と化しました。
 昭和三十二年八月、十三回忌にあたりその功績を称え町民並びに鉄道職員を初め、多数の方々の御支援によりここに礎の碑を建立せられました。

終戦わずか二日前のことである。合掌。

列車停車中の写真がほとんどないので,後日再訪問したいと思います。


[御意見簡易送信窓]批判・激励・文句,なんでも歓迎。

 メール(任意)
 名前(任意)

本文公開可 非公開希望 私信

確認欄←ここに""と入力してから、「OK」を押してください