君の瞳に恋してる眼科

(北)朝鮮市内のビルのてっぺんに「私たちは幸せです」と書かれている。(北)朝鮮写真館15より。

英語・語学学習者のための YouTubeショートカット一覧

2017年8月6日

動画再生

  • 再生・停止:[スペース]or[k]
  • 5秒進める:[→]
  • 5秒戻す[←]
  • 10秒進める:[l](エル)
  • 10秒戻る:[j]
  • 任意の場所へ飛ぶ:[0]~[9]([0]だと先頭に飛ぶ)
  • 動画の先頭へ:[home]or[0]
  • 動画の最後へ:[end]

音量

  • 音量を上げる:[↑]
  • 音量を下げる:[↓]
  • ミュートと解除:[m]

表示

  • フルスクリーンと解除:[f](解除だけなら[ESCAPE]でも可)

字幕表示

  • 字幕表示と解除:[c]
  • 字幕のフォントを大きくする:[+]
  • 字幕のフォントを小さくする:[-]
  • 字幕の輝度調整:[o](オー)
  • 字幕の背景の透明度調整:[w]

検索

  • 検索ボックスへ飛ぶ:[/](スラッシュ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾と大陸の中国語検定試験受験結果

2017年6月10日

2013年7月に中国語の勉強をはじめて、「狂速中国語学習」などと銘打ってみたものの、その後の報告を怠っていたので、ここらでこれまでの状況を振り返る。

2014年9月27日に華語文能力測驗 流利精通級を受験した。華語文能力測驗は台湾の教育機関が行う中国語の検定試験で、TOCFLと略される。受験した「流利精通級」は、その中の5級と6級(6級が最上級)を判定する試験。点数によって不合格、5級合格、6級合格を判断される。結果はリスニングが不合格、リーディングが5級通過相当で、全体として不合格。

2015年5月16日、華語文能力測驗 流利精通級受験。リスニング不合格、リーディング5級通過相、全体として不合格。

2015年10月3日、華語文能力測驗 流利精通級受験。リスニング5級通過相当、リーディング5級通過相、全体として5級合格。(ここまで2年3ヶ月)

2016年5月7日、華語文能力測驗 流利精通級受験。リスニング5級通過相当、リーディング5級通過相、全体として5級合格。

2016年6月12日、HSK6級を受験した。HSKは中国の教育機関が行う中国語の検定試験で、6級が最上級。以前は300点満点中180点以上を獲得することで合格と判定されたが、現在は点数のみ通知されて合否判定そのものをしないようになっている。結果は300点満点中232点獲得で、以前であれば合格に相当する点数であった。(ここまで2年11ヶ月)

2016年10月15日、華語文能力測驗 流利精通級受験。リスニング不合格、リーディング6級通過相、全体として不合格。

 

感想:問題の質は台湾のものがHSKを圧倒的に上回っているし、実践的だと思う。台湾のものでは、漢字に抵抗がない日本人にとってはリーディングにはそれほど苦しまずともリスニングがかなり高難度で手こずることになるが、実生活での上級者選別にはちょうど良いと思う。

一方HSK6級は全体に簡単であることと、出題形式がこなれていない、非実践的な部分があるように思う。HSK6級はリーディングで1番(誤文選択)が異様に難しい一方、3番以下が非常に簡単で、解く順番によって成績が変化するはずで、そのことを知っていないと大損する。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Malpractice System in Japan

2015年5月23日

I uploaded a presentation on medical malpractice system in japan.

このエントリーをはてなブックマークに追加

中国の裁判所が裁判のウェブ中継を開始

2014年9月29日

町村先生のブログで知りました。

中国の一部の裁判所で、全裁判をウェブ中継を始めたようです。刑事、民事、行政全てです(行政訴訟があることにもビックリ)

町村先生のブログでは、広州法院のサイトが紹介されていましたが、ぱっと見には、オープニング影像が華々しい河南法院のサイトがよろしいかと思います。

広州法院のサイトはこちらで、右下の方に、他のライブ配信法院へのリンクがあります。

ライブだけでなく、過去のものも見れるようです。

河南法院の検索で調べたところ、「生命権、健康権、身体権糾紛」という表題のものが結構な数あるのですが、基本的には「誰かが誰かを怪我させた」系統のもののようで、医療訴訟があるのかどうかはこれから見て見ようと思います。

もっとも、これをある程度聞き取るには、まだあと1年ぐらいの勉強が必要という印象です。

傍聴だけできても、記録が見れないのでは研究対象にはしにくいと思うのですが、とりあえず非常に驚いたのでご紹介します。

ついでに言うと、サイトのドメインが、広州は cn ですが、河南は org というのも、統一が取れていなくてびっくりです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝鮮話

2014年8月18日

(中文在中間,日本語下にあり。)

대만에서 머물렀던 호텔 프런트. 외국어 판프렛 표시 중에 “조선말”이라 쓰여져있다. 한국인이 아닌 내가 지적하기도 그럴거 같엤었지만 아무튼 한국어로 고치는게 나을거라고 알려줬다. 호텔 사람들이 말하게로는 구굴 번역에서 알아봤더니 조선말이란 단어가 나왔다는 것이였다.

在台北我住的飯店服務台。一些外語手冊前面有一條韓文的表示。但是這單子表示的不是韓文,是朝鮮話呢!在台灣,北韓人當然沒有機會來訂飯店,所以這個表示一點也沒有用。反而韓國人看著表示一定覺得很奇怪。我結帳時告訴了飯店的人這件事。他們說,用谷歌翻譯,這個單子就出來了。

台湾で泊まっていたホテルのフロント。外国語パンフレットの表記の中にハングル文字があった。これが「朝鮮語」と書いてある。日本では戦前からの流れで「朝鮮語」という言葉は健在だが、韓国や台湾では死語であり、韓国人が見たら不思議がること請け合い。チェックアウトにあたって、恐る恐る、「これは『韓国語』ではなくて『朝鮮語』と書いてありますよ」と指摘させて頂いた。曰く、グーグルで調べたらこの表記が出てきたとのこと。조선말2

このエントリーをはてなブックマークに追加