アリングソース駅0番線

 (スウェーデン)
 Alingss station, Sverige

所在地 Alingss, Sverige
使用会社 Vsttrafik
使用路線 Vstra stambanan
ホーム形態 駅舎隣接
単式/島式 単式
頭端式
切欠き式
1日発車本数 約40本(平日)
主な呼称  
構内図 | wikipedia | 凡例

スウェーデン第二の都市ヨーテボリから列車で30〜40分ほど内陸にある街であるアリングソースに、スウェーデン唯一の0番線がある。以前にはウプサラ中央駅にも0番線があったが、2010年の改修を期に消滅したため、アリングソースが唯一となった。世界的にも数少ない純粋切り欠き式頭端式0番線で、ヨーテボリ行きの近郊列車の始発列車が1日40本ほど発着する。ちなみにこの街で毎年秋に、ライト・イン・アリングソースという催しがあり、たまたま探訪した翌々日に開催初日だったので、一泊延長して見学してみた。



より大きな地図で Alingss Station を表示

google mapの航空写真(平成24年7月現在)。


駅舎遠景。

駅名近影。

駅前の小さな花壇(というのかな?)

駅から中心街に向かう道路。

0番線には、駅舎に入らずアプローチするほうが楽。

その0番線に、昔の井の頭線の車両が入って来ました。

・・・嘘です。

一方そのとき、斜向かいに見える2番線、もうちょっと長距離を行くかっこいい車両が。

向かって左側、かっこいい車両が発車していった。

0番線表示、駅名、列車の三位一体画像。

その0番線の向かって右側のガラス扉の中は、バスターミナルになっている。
下手するとそちらのほうが立派に見える。

 
井の頭線も発車しました。

 
0番線から見える駅名表示板。

車止め。

四街道駅の0番線を彷彿とさせるゴミの量。

ちなみに1・2・3番線。

2・3番線はこちらから。

こんな通路を通って行く。

2・3番線ホームへの地下道からの出口部分。向かって右に見えるベージュ色部分の奥のほうが0番線。

 
2番線・3番線。

 
2番線から駅舎を望む。駅舎の前が1番線。

 
通路を突き抜けると、駅の裏に出ることができる。文字通り裏側で、何もない。

以下、こぼれ話


 
アリングソースの0番線からの近郊列車の終着駅であるヨーテボリにて。スウェーデン版高速鉄道であるX2000が停車中。

 
何かは知らねど、こんな明治的な車両も。

 
ヨーテボリ駅構内の、共存共栄の図。

 
そのヨーテボリに、大観覧車があった。乗車時の説明「6回転します」

なんだよ6回転って!!

 
ヨーテボリの目抜き通り。路面電車が見える。

 
鉄道の一大ターミナルであることがわかる。

 
味わいのある色の街並み。

 
高速道路網も。

 
港も。
実は私はデンマークのフレデリクスハウンからこのフェリーでヨーテボリに入った。

ところで残念なことに、この観覧車は別の街に移設されたそうで、今(2012年7月現在)はありません。

 
さて、アリングソースに戻ってきて、街の中心部。こじんまりとしていい雰囲気です。

 
アリングソースの名物といえば、何といっても秋に催される Lights in Alingss. その開会式にブラスバンド隊が登場。このあと行進していったが、見学者がぞろぞろとその後ろをついて歩いていったのが印象的。

 
オブジェのひとつ。むしろ、Dark in Alingss と言ったほうが適切かも。ブログ「排水口よりの使者」のTPoleさん曰く、「びっくりする程のショボさ」である。

でもでも、例年、新進気鋭のデザイナーさんたちが頑張っているらしいので、陰ながら応援している。


[御意見簡易送信窓]批判・激励・文句,なんでも歓迎。

 メール(任意)
 名前(任意)

本文公開可 非公開希望 私信

確認欄←ここに""と入力してから、「OK」を押してください