ヒレロズ駅0番線

 (デンマーク)
 Hillerod station, Danmark

所在地 Hillerod, Danmark
使用会社 Lokalbanen
使用路線 Gribskovbanen
ホーム形態 駅舎隣接
単式/島式 島式
頭端式
切欠き式 ×
1日発車本数 約30本
主な呼称  
構内図は記事参照 | wikipedia | 凡例

 世界の0番線の中でも,群を抜く異様さを放つのが,コペンハーゲンの近郊電車の終着駅であるヒレロズの0番線だ。西から順に,14番線-0番線-16番線-4番線と並んでいる。0番線からは,首都コペンハーゲンとは逆方向に,非電化ローカル線が発着している。



より大きな地図で Hillerod Station を表示

google mapの航空写真(平成22年12月現在)。ご覧のように,0番線は14番線と島式ホームを共有している。0番線の隣が16番線,さらにその16番線とホームを共有しているのが4番線で,その4番線は南向きにスルーになっており,南側では3番線と島式ホームを共有している。なぜ15番線ではなく0番線になったのか不明。誘導係の兄さんに,「どうして0番線なのか?!」と尋ねたが,その兄さんも「分からない! それに16番線の隣は4番線だ!」と答えるのであった。

なお,デンマークの鉄道路線システム地図が,こちらにあり,Map Bのpdfファイルの中に,ヒレロズ駅の線路システムが記されている。


駅舎遠景。赤地に白い「S」マークが,S-togという近郊電車の印。

駅名近影。駅名はどこの駅にでも出ているというものではない。デンマーク国鉄DSBのマークと共に。

駅前風景。店などは多くない。

駅舎からホームに抜ける通路。そもそも欧米では改札口というものがないので,ここを通らなくても建物の脇からホームに入れるため,この通路を通る人は多くない。

通路を抜けたところ。階段があって工事している。正面の広告の下に,「↓3 4」と記されており,3番線と4番線への接続階段であることがわかる。しかし3番線と4番線には,少し北の通路を使えば行くことができるので,なぜわざわざトンネルを掘ったのかが分からない。

上の写真で,向かって正面の広告の右上にある案内板。1番線と11番線への案内。

お次は向かって左上にある案内板。16番線,0番線,14番線への案内板。 

そしてその拡大写真。

案内板に従って0番線に向かう。この駅に通じている S-Tog(郊外電車)が,新駅建設のため運休しており,乗客誘導のために係員が配置されている。

14番線と0番線。

運行案内版は故障中。電車が止まっているのは0番線のとなりの16番線。

0番線にも列車がやって来ました。ディーゼル2両編成です。

他のホームも見てみましょう。0番線のとなりの16番線と,その16番線とホームを共有する4番線北側部分。

0番線の反対側にある1番線。向かって左のホームは3-4番線ホーム。

1番線はその先で,11番線とホームを共有している。列車が見えているのは12番線。

11番線に列車が入ってきました。この日は工事運休のため,1番線には入線してきません。

1番線ホームで見かけた,鳩除けの刺線と,鳩。

12番線に列車が停留中。その隣が11番線。

そして3-4番線ホーム。この4番線は南側部分。右に見えるのが1-11番線ホーム。工事中運休。

その工事中の代替バスが運行されていた。代替バスは "Togbus"という。
なお,写っている列車は左が0番線,右が16番線。

駅の裏手の代替バスのりば。

その代替バスのりば付近に,大量の自転車が駐輪されていた。

以下、こぼれ話


ヒレロズ駅の近くには,フレデリクスボー城がある。

その中庭。

お城の中の教会の壁には…

いろいろな紋章が飾られている。

菊の御紋も。

参考写真リンク: こちらこちら


[御意見簡易送信窓]批判・激励・文句,なんでも歓迎。

 メール(任意)
 名前(任意)

本文公開可 非公開希望 私信

確認欄←ここに""と入力してから、「OK」を押してください