省庁からwikipedia編集

総務省や文科省もWikipediaを編集していた
http://megalodon.jp/?url=http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0708/29/news059.html&date=20070829235804
『…「水曜どうでしょうの企画」を詳細に説明する書き込みや、』
・・・
非道民の中ではオールドファンの自分としては、感慨深いものがあります。
↓自分が作っている(放置プレイ中)サイト。ここがきっかけで鈴井さんとの東京オフ会を開催できた。今は昔のまだ人気爆発する前の話。
http://www.orcaland.gr.jp/suidou/

救急車濫用

数日前の話。
外来診察中に救急隊から電話が。
救急隊「テニスボールを目にぶつけて違和感があるという女性が…」
私「…それは普通だったらタクシーか何かで、開業医にかかればいい程度ですよね?」
救「はい」
私「でも救急隊さんも、受けちゃったらどこか探さないといけないんですよね?」
救「はい」
私「おかしな話ですよねぇ…」
救「そうですね…」
私「僕が断ると、他を探さないといけないんですよね…」
救「はい」
私「…外来予約がまだ2時間くらいかかると思うんですが…」
救「いや、こちらで探しますから…」
私「すみません、お疲れ様です…」
結局、うちの病院には来なかった。
どこのどいつだ、テニスボールが眼に当たって違和感がある程度で救急車を呼ぶバカは!
うちの病院に搬送させて、真剣に話をするべきだったと、後になって思った。
そういえば1~2年前にも、同じ区内のテニススクールから同じような救急が来たことがあった。
要注意だ。

馬インフルエンザで競馬が中止 (1992年の思い出)

1992年、私は旅行会社社員1年目だった。
その年の暮れに、趣味の延長で、香港海外競馬ツアーを企画した。
当時はまだ海外にまで競馬を観にいくという発想はほとんどなく、海外競馬ツアーは全国的にも珍しく、駆け出し社員の勝手な発想の企画では広報活動も満足にできず、客集めにはかなり苦労した。
それでもなんとか最少催行人員の10人を集めて、自分は添乗員として同行することを楽しみにしていた。
ところがその出発の数日前にニュースが…
「香港で、馬のインフルエンザのため競馬が中止に」
…勿論、ツアーは取り消しに……
年末に、会社を辞めました。

阿久悠さん追悼

阿久悠さんが亡くなり、テレビで追悼番組をやっていて阿久悠さん作の歌が沢山流れている。
普段、昭和歌謡全集をBGMに手術をしている僕にとっては、阿久悠さん追悼番組は、いつも聞いている曲のオンパレードであった。