眼内レンズ挿入

直径6mmのレンズを、3mm前後の切り口から入れます。

昔、眼内レンズができたてのころは、ハードコンタクトレンズのように硬いレンズで、レンズの直径が6mmくらいなので、その幅くらいの切り口から目の中に入れていました。 黒目の直径が12mmくらいなので、その半分の長さを切るわけです。

しかし今では、やわらかいシリコンやソフトアクリルのレンズを、二つ折りにして入れたり、丸めて筒状にして入れたり出来るようになりました。直径6mmのレンズでも、二つ折りなら3.5mmくらいの切り口で、また丸める方法なら2.4mmくらいの切り口で入れられます。

次は、目玉の中をすすぎます


[御意見簡易送信窓]批判・激励・文句,なんでも歓迎。

 メール(任意)
 名前(任意)

本文公開可 非公開希望 私信

確認欄←ここに""と入力してから、「OK」を押してください