手術前の準備

手術前には以下のような準備を行います。

手術する眼を間違えないように,手術するほうの眼に印をつけます。印のつけ方は医師や病院によってまちまちで,小さい丸印をつけるだけの病院もあれば,絶対に間違えないように平仮名で「こっち」と書く病院もあるようです。

点滴をつなげます。点滴の内容は,抗生物質である場合や,簡単な栄養剤である場合や,塩水(生理的食塩水)である場合があります。点滴をしない病院もあるようです。

手術室では,歯医者さんのような背もたれの倒れる椅子に座ります。あるいは最初から平たくなった台の上に乗っかります。

心電図をつなげます。点滴をこの段階でつなぐ病院もあります。

痛み止めの目薬と,散瞳薬(瞳を開く薬)をさします。この段階では痛み止めは両眼にさす病院が多いようです。

手術する眼を消毒します。多くの場合,眼の周りの皮膚だけではなく,目玉自体も洗い流します。

顔に清潔な布をかぶせます。布には穴がありその部分がシールになっていて,手術をするほうの目の周りにシールで貼ります。

目をあけ広げる金具(開瞼器)で,手術をする目が閉じないように広げます。

目にまぶしい光をあてます。手術で細かいところがはっきりと見えるようにするためです。これ以降,眩しさのため刃物などは見えなくなります。

普段やらないようなことを次々とされるので,緊張するのは当然です。深呼吸などをして最大限に心を静めましょう。

次は、麻酔をかけます


[御意見簡易送信窓]批判・激励・文句,なんでも歓迎。

 メール(任意)
 名前(任意)

本文公開可 非公開希望 私信

確認欄←ここに""と入力してから、「OK」を押してください