前嚢切開

原則として水晶体の殻をまるくくりぬきます。C.C.C.(continuous curvicular capslotomy、シーシーシー)と言います。ピンセットを使う方法と、針を使う方法があります。

道具 あらまし 長所 短所
チストトーム

(針)

針先で水晶体の殻を引っかいて持ち上げて、それを針先でなぞるようにしてまるくくりぬきます。専用の針もありますが、普通は注射針の先を曲げて使います。 小さい切り口から細い針を入れるおので,くりぬいているときに、眼の中の液体が流れ出にくい くりぬきが広がりやすい
前嚢鑷子
(ぜんのうせっし)

(ピンセット)

先端に引っかき用のトゲがついたピンセットです。トゲで水晶体の殻を引っかいて持ち上げ、それをピンセットでつまんでまるくくりぬきます。 狙った大きさのくりぬきをつくりやすい 道具の値段が高い

くりぬいているときに、眼の中の液体が流れ出て、空間がつぶれやすい

水晶体の殻をまるくくりぬくわけですが、うすっぺらくて切れやすいので、きちんとした円にならないことが時々あります。たとえば亀裂が入れば不完全C.C.C.と言います。また、 はじめからくりぬきをうまく作れる見込みが薄いときなどは、チストトームを使って缶切りのようにぎざぎざの切れ込みのくりぬきを作ることもあります。 そのような場合でも、その後の手術操作を慎重に行って、通常は問題なく終了しますが、手術の難易度は若干上がります。

次は、水晶体の中身を、水を使って分離させます


[御意見簡易送信窓]批判・激励・文句,なんでも歓迎。

 メール(任意)
 名前(任意)

本文公開可 非公開希望 私信

確認欄←ここに""と入力してから、「OK」を押してください