韓国語発音改善講座1

1.平音(가, 다, 바, 자. ただし を除く)の発音改善法

 ハングルを習いはじめると,必ず耳にするフレーズ「ハングルは世界一科学的かつ合理的な文字」というふれこみとは裏腹に,我々日本人,そして恐らく多くの他国の人々がまず戸惑うのが,語頭では清音だが語中では母音に挟まれて濁音になることもあるという「平音」の発音ではないでしょうか? 기사
は「キ」で,아기は「ギ」に聞こえるアレです。驚くことに韓国人に尋ねると,我々にはどう聞いても違う音にしか聞こえないそれら二つの音が,彼らの耳には全く同じ音に聞こえる,というのです。皆さんの中にも韓国語を習いたての頃,その不可解さに頭を悩ませ,「いっそのこと語頭でも濁音で発音すれば通じるんじゃないか」なんて考えた方がいると思います。ところがそんな我々の浅はかな考えも,「通じることは通じるが,やっぱり違う」と,あっさりと否定されるのがオチです。清音と濁音という違う音を,彼らに同じ音だと信じて疑わせない共通性,つまり平音の基本性質は一体何なのでしょう?

 実はこの音,日本では「平音」などと呼んでいますが,韓国では「軟音」と呼びます。つまりこれらの音は「激音」や「濃音」に比べて軟らかい音なのです。では,どれくらい軟らかいのかといいますと,(ここから先の内容は,機械で調べないと証明はできないのですが)例えば ならば,両唇をくっつけること以外には一切の負担を負わないほど軟らかいのです。同様に,ならば口の奥のところ(軟口蓋という)をくっつけるし,なら歯の裏の付け根,ならそのもう少し後ろで,それぞれの発声器官を閉じること以外には負担を負わない音なのです。さて,このように「発声器官を閉じること以外に一切の負担を負わない」という条件の下,기사아기と言った時,の音がどうなるかを実践してみましょう。

 まず,기사からやってみましょう。語頭で「キ」と発音するのと「ギ」と発音するのでは,どちらがより軟らかく発音できるでしょうか? 「ギ」を発音する場合は,どんなにだらりと発音しても,喉や鼻に通じる部分がする,有声音を出すための負担を消し去ることはできません。無理矢理にだれた「ギ」を出せば,喉の奥がつく前に鼻が少々鳴ってしまうはずです。それに対して「キ」の方は,だれた発音をすれば,我々が普段発音する「キ」よりもはるかに負担なく発音できるものです。「キ」の発音に伴う負担は,まさに喉の奥を閉じるのに使われる力です。

 それに対して아기の場合は逆に,기の前に母音があるお陰で,その「ア」に続けて有声音で「アギ」と発音する方が,わざわざ母音の流れを止めて呼気を出さねばならない「アキ」よりもだらりと負担なく発音できます。実験してみて下さい。

 要するに,「当該発声器官を閉じること以外には,一切の負担を避け,出来るだけだらりと軟らかく出す音」という点が「平音」の本質である,と私は考えています。学ぶ側としても「平音」は,単に日本語と同じような発音をするのではなく,出来るだけだれた発音を心掛けると良いです。実際,この事を考え出した頃から私の韓国語発音はかなり改善されました。この視点にはさらに,「平音」と「激音」や「濃音」の区別をより明確にし,使い分けるための鍵が隠されています。

その1,その2その3その4その5その6


[御意見簡易送信窓]批判・激励・文句,なんでも歓迎。

 メール(任意)
 名前(任意)

本文公開可 非公開希望 私信

確認欄←ここに""と入力してから、「OK」を押してください