後発白内障に対するレーザー治療について

現在、眼内レンズの裏にあるこうのう後嚢という膜が濁っている状態です。

眼内レンズの裏の後嚢を、レーザー光線の力で破り、濁りを散らして視力を回復します。

● 治療当日及び後日の診察では,瞳孔を開く薬を使うので、車を運転しての来院はお控え下さい。

● 治療は通常10~20分程度です。この治療のレーザーには,通常痛みは全くありません。

● 治療後しばらく、目薬を点眼して頂きます。生活は通常通りで構いません。

● 治療後に、飛蚊症(ゴミが漂って見える症状)が出る場合があります。通常は1~2ヶ月かけて徐々に消えますが、まれに多少残る場合があります。

● 治療自体は成功しても、治療後の見え方が思いのほか良くならなかったという可能性も無いとは言えません。その場合はもはや視力回復の手立てが無いという可能性もあります。

● まれに、治療後に眼圧が上昇し、継続的な治療が必要になることがあります。その場合は治療・治療費が別途必要になります。

● 極めてまれに、治療後に網膜剥離などを発症する場合があります。その場合は大学病院などで入院手術を受けざるを得なくなります。その場合は治療・治療費が別途必要になります。

● 治療を受けない場合、見え方は改善せず、むしろ徐々に悪化すると考えられます。ただし、極端に進行した特殊な場合を除けば,悪化してから治療をしても治療効果はほぼ同じなので、あわてて治療する必要はありません。

● 手術には、通常の診察料に加えて、片眼につき以下の負担金がかかります。

1割負担: 1,520円

2割負担: 3,040円

3割負担: 4,560円

● 健康保険上、この治療は手術の扱いになります。民間保険などで保険金請求をする場合は、以下の病名と手術名をお伝えください。
病名: 後発白内障
手術名: 後発白内障手術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA