翼状片に対する翼状片手術について

現在、角膜の表面に白目の成分(結膜)がかぶさっています。乱視や異物感の原因である可能性があります。進行すると視力が大幅に落ちる可能性があります。

角膜上の白目の成分とその付け根の部分を取り除き、別の白目の部分から張り替えます。

● 手術時間は30~50分程度です。病院滞在時間は3時間程度です。

● 手術当日は眼帯をして帰って頂く場合があるので、運転せずにお越しください。

● 手術当日はお風呂は控えて、ぬるめのシャワー程度にしてください。

● 原則として翌日の受診が必要です。

● 1~2週間経過したら、抜糸をします。それまでの間、異物感が続くことがあります。

● 手術後に白目が出血と充血で赤くなります。出血は通常1~2週間で消えます。充血もほとんどの場合は時間と共におさまりますが、半永久的に残る場合もまれにあります。

● 手術後に再発することも少なくありません(10~30%くらい)

● 角膜上の白目の成分を取り除くだけで手術を終了させることもできますが、再発率が格段に高くなります。再発を防ぐために抗がん剤を塗ることもありますが、必ずしも一般的ではありません。これについては個別にご相談する場合があります。

● 手術を受けない場合、翼状片が進行しなければ良いのですが、翼状片が進行して角膜の中心に近づくと、視力が大幅に落ちる可能性があります。進行しすぎてから手術を受けても、視力が元には戻らない可能性が大きくなります。

● 手術には、通常の診察料に加えて、片眼につき以下の負担金がかかります。

1割負担: 4,130円

2割負担: 8,260円

3割負担: 12,390円

● 健康保険上、この治療は手術の扱いになります。民間保険などで保険金請求をする場合は、以下の病名と手術名をお伝えください。
病名: 翼状片
手術名: 翼状片手術(弁の移植を要するもの)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA