網膜中心静脈閉塞症に対するレーザー治療について

現在、網膜の血流が悪化している状態です。放置すると失明の危険があります。

レーザー光線で網膜全体に小さい焦げ目を多数つくって焼き払うことにより、網膜中心静脈閉塞症を原因とする続発性の緑内障による失明、網膜浮腫、硝子体出血等を予防します。

● 治療当日及び後日の診察では,瞳孔を開く薬を使うので、車を運転しての来院はお控え下さい。

● 治療は通常20~30分程度です。通常、1~3週間おきに数回に分けて治療します。レーザーによる痛みがあり得ますが、通常は我慢できる程度です。非常に痛みが強い場合には、後日,強い麻酔を施した上で改めて行うことも考えます。但し麻酔自体にも痛みや危険が伴うので、多少の痛みは我慢して頂く考えです。

● 治療後の生活は通常通りでかまいません。

● この治療は、視力を回復させる治療ではないので、数回の治療完了後も、見え方は健康な状態までは戻りません。逆に見え方が悪くなり、特に夜間の視力は低下します。まれに、治療中や治療後に眼底出血や網膜剥離などの合併症(副作用)を起こす場合もあり、そのような場合の治療・治療費は別途必要になります。しかし将来的な緑内障による失明、眼底出血などを防ぐには網膜光凝固術が有効と考えられています。

● 現在のところ、この治療法以上に有効かつ安全な治療法はないと考えられます。

● この治療を受けない場合は、続発性の緑内障を発症して,完全失明かそれに近い状態に至る可能性が高くなります。また、視力はさらに低下し,硝子体出血を繰り返して手術室の手術が必要になる可能性も高くなります。

● 手術には、通常の診察料に加えて、片眼につき以下の負担金が、初回にのみかかります。

1割負担: 18,100円

2割負担: 36,200円

3割負担: 54,300円

● 健康保険上、この治療は手術の扱いになります。民間保険などで保険金請求をする場合は、以下の病名と手術名をお伝えください。
病名: 網膜中心静脈閉塞症
手術名: 網膜光凝固術(その他特殊なもの)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA