網膜裂孔に対するレーザー治療について

現在、網膜に穴が開いている状態です。穴を通って網膜の裏側に水が回れば、網膜剥離になります。

レーザー光線で網膜裂孔の周囲に小さい焦げ目を多数作り、眼球の壁と癒着させることにより、網膜裂孔を原因とする網膜剥離を予防します。

● 治療当日及び後日の診察では,瞳孔を開く薬を使うので、車を運転しての来院はお控え下さい。

● 治療は通常10~30分程度です。レーザーによる痛みがあり得ますが、通常は我慢できる程度です。非常に痛みが強い場合には、後日,強い麻酔を施した上で改めて行うことも考えます。但し麻酔自体にも痛みや危険が伴うので、多少の痛みは我慢して頂く考えです。

● 治療直後は見えにくくなりますが、通常はその日のうちに治療直前の状態に戻ります。

● 治療後の生活は通常通りでかまいません。

● 治療をしても、治療で完成した網膜の癒着を乗り越えて網膜剥離が起きる可能性が多少残ります。網膜剥離が起きた場合は、大学病院等の専門性の高い施設での手術治療が必要になり、治療・治療費が別途必要になります。

● ごくまれに治療後に視力が落ちたり、別の網膜円孔、網膜裂孔ができることがあります(いずれも通常ありませんが、可能性としてはゼロとは言い切れないということです。その場合は治療・治療費が別途必要になります。)

● 他の治療法は、網膜冷凍凝固や手術室での網膜剥離手術が考えられますが、安全性が低くなるため、現状ではレーザー治療が最適と考えられます。

● 治療を受けない場合、網膜剥離が起こる危険性が維持されます。どのくらいの確率で網膜剥離に進行するかはわかりません。網膜裂孔が自然にふさがる可能性はありませんが、網膜裂孔の周囲に組織の癒着が自然に起きて、網膜光凝固を行った場合と同等の自然治癒が期待される場合もあります。そのため重症度や患者さんの意向を踏まえて治療の実施を決定します。

● 手術には、通常の診察料に加えて、片眼につき以下の負担金が、初回にのみかかります。

1割負担: 11,200円

2割負担: 22,400円

3割負担: 33,600円

● 健康保険上、この治療は手術の扱いになります。民間保険などで保険金請求をする場合は、以下の病名と手術名をお伝えください。
病名: 網膜裂孔
手術名: 網膜光凝固術(通常のもの)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA