閉塞隅角緑内障(急性緑内障発作)に対するレーザー治療について

現在、眼の中の水(房水)の排水が滞り、眼圧が非常に高い状態です。

レーザー光線で虹彩(茶目)に小さな穴を開けることにより、眼球内の水の流れを改善し、眼圧が下がることを期待します。

● 治療は通常は片眼につき10~30分程度です。治療中や治療後は、多少の痛みや刺激を感じることがあります。

● 治療後数日~数週間、目薬を点眼します。生活は通常通りでかまいません。

● 治療を実施したにもかかわらず緑内障発作が継続する可能性があります。その場合は手術室での手術などのより積極的な治療が必要になります。また、現在角膜が濁っており、これを完全に治療するには専門性の高い施設で角膜移植が必要となることも考えられます。治療が成功し状態が落ち着いたのち、長期間経過後に角膜が濁って角膜移植が必要となることをはじめ、様々な理由で追加の治療が必要となる場合もあります。追加の治療を行う場合には、改めて治療費がかかります。また、すべての治療の後にも、残念ながら視力を取り戻せず失明する可能性もあります。

● 他の治療法としては、手術室で準備をして、眼球内に切り込んで虹彩の端を切り取り穴を作る方法、あるいは白内障の手術をすることによって同時に急性緑内障を治す方法があります。レーザー治療を選ぶか、手術室での手術を選ぶかについては、医師との相談の上で決定します。

● 治療を受けない場合は、ほぼ確実に失明します。

● 手術には、通常の診察料に加えて、片眼につき以下の負担金が、初回にのみかかります。

1割負担: 7,710円

2割負担: 15,420円

3割負担: 23,130円

● 健康保険上、この治療は手術の扱いになります。民間保険などで保険金請求をする場合は、以下の病名と手術名をお伝えください。
病名: 急性閉塞隅角緑内障
手術名: 虹彩光凝固術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA