「僕は韓国人じゃない!」 (2002年頃の思い出話)

70歳くらいのおばあさん患者さん。思い込みが強く話が噛み合わない人だった。
病状は可哀想なものだった。何ヶ所かで眼の手術を受けたが結果が思わしくなく、このたび私のいる病院に受診したのである。ところが手術を受けた他の病院の紹介状などの情報は全くなし。
「だから、手術を受けた病院で、紹介状を書いてもらったほうがいいです」
「おかしなことを言う先生だー、あんなところにどうして行くの?」
「そのほうが、これまでの治療や今の眼の状態がわかって、これからの治療にいいんですよ」
「その必要はないですよ、私はここに来たのだからここで見てください」
「いや、だからここで診るにしても紹介状がないとこれまでにどんな治療をしたか分からないので…」
「それが分かる必要がどこにありますか? 今見れば分かりますよ!」
こんなやり取りが延々と繰り返された。どうにも面倒になってきた頃、その患者さんの日本語の発音が少しおかしいことに気づき、カマをかけてみた。
「…혹시 한국분이 아니십니까?」 (…もしかして韓国の方ではないですか?)
これを聞いたおばあさん、口あんぐり。そして開口一番
「아니, 당신도 한국사람이노?」 (なんと、あんたも韓国人か?)
「아뇨, 저는 일본사람인데 한국말을 조금 배운겁니다.」 (いえ、私は日本人ですが、韓国語を少し習ったので。)
「아냐, 당신 한국사람이다. 이런데서 한국사람을 만난다니…」 (いや、あんたは韓国人だ。こんなところで韓国人に会うとは…)
「いやいや、私は日本人で…」
「아이 됐어. 말하지 말아~ 한국말 배우는 일본사람이 없어!」 (もういいって。皆まで言うな、韓国語を勉強する日本人なんていないよ!)
すっかり在日韓国人と信じて疑わないのである。
しかしいつまでもバカな会話をしているわけにもいかず、「とにかく…」と、また紹介状の話に戻ったのであるが、そこからまた延々と「紹介状を書いてもらうべし」「いやその必要はない」の押し問答である。
で、その再度の押し問答がひとしきり交わしたのちに、また言うのである。
「ほんとにおかしなことを言う人だ… まあ 한국사람을 만나니까 반갑기는 하는데…」
(まあ韓国人に会ったんだからめでたいといえばめでたいが…)
「いやいやだから僕は韓国人じゃなくて…」
「말하지 말어~ 당신 한국사람이야!」 (言わんでよい、あんたは韓国人だ)
ということで、会話は全くかみ合わないまま時間が過ぎ、無理矢理診察を終了させたのであった。

福島県民をバカにした扱い

 なにやらフグスマ県で、当番病院は満床だろうがなんだろうが患者を受入れることになったんだそうな。
 聞こえはいいけど、ベッドも空いていないのに受入れれば患者さんは待合のベンチか何かに寝かされるしかないし、ベッドが空いていても治療に必要な医者や看護師がいなければ放っておかれるしかないし、ベッドが空いていて人員が足りていても、必要な医療機器が全て使われきっていれば出来ることと言えば祈祷くらいしかないし… そうなることが分かっていても全員を受入れろなんてそんな無責任な!!と思わずにはいられませんです。
 さらに言えば、そんな無茶な号令をかけられたら、無理でも無茶でも受入れなきゃいけない医者たちが、そんな無茶な号令体制に嫌気がさしてますますやめていくでしょう。患者さんたちが望んで止まない充実した医療をハナから諦めろ、ということを上が是認しているわけですから…
 無制限に受入れるなんて囚人じゃああるまいし、それを全部受入れて無理やり全部診ろなんて、奴隷じゃあるまいし…
 フグスマには春は当面来なさそうなので、それなりの医療を受けたい人は、フグスマから亡命したほうがよさそうです。
 尤も、亡命先にもろくなところがないんですがね…(苦笑)
————————————————————-
福島・救急搬送受け入れ拒否:当番病院が受け入れを 輪番制運営協が方針 /福島
 福島市内の交通事故で負傷した女性(79)が救急搬送の際に4病院から受け入れを断られ、その後死亡した問題を受け、市内10病院や市消防本部などで構成する「市救急医療病院群輪番制運営協議会」(会長、有我由紀夫・大原綜合病院院長)の臨時協議会が19日、同市内で開かれた。今後はどんな状況であれ、夜間の救急指定の当番病院が原則的に、救急患者を受け入れる方針を決めた。
 協議会の冒頭で有我会長は「医療人としての心構えなどを検証し、市民が不安にならない医療体制を構築していきたい」とあいさつ。会合は非公開となったが、4病院からの事実確認では「集中治療室(ICU)が満床だった」などの理由が報告されたという。
 有我会長は会合後の会見で、今回の事態で「1時間も医師が患者に接していなかったことが問題」と指摘し、今後は当番病院が最初に診察することを原則とし、その上で設備の整った県立医大付属病院への転院などを検討する体制を明らかにした。有我会長は「ICUが満床であることは(受け入れ拒否の)理由にならない」としながらも、「医師のマンパワーが不足しているのは明らか。今後も行政と一つになって、体制確保に努めていきたい」と話した。【松本惇】
毎日新聞 2007年11月20日

『目の薬師』新井薬師さんで厄除け

画像

思うところあって新井薬師さんに厄除けをお願いに出かけた。新井薬師さんは東京都中野区にある薬師さんである。

画像

30分に及ぶ厄除け法要が終わると、足を抱えてのた打ち回る人が多数出現。筆者も同様。
ところで新井薬師さんは眼病治癒にご利益があるという。ホームページによると、江戸時代に「特に、二代将軍秀忠公の第五子和子の方(東福門院)が患った悪質な眼病が、祈願して快癒したことなどから「目の薬師」と呼ばれ、」ということだ。どんな眼病だったのだろうか。
さて、目医者の私としてはそのご利益を受診される皆さんにもとの思いで、診察室に置くためのお守りを頂いてきた。

画像

こういうものが診察室においてあると、患者さんは却って驚くかもしれないが(笑)、気は心だから、まあいいや。
薬師さんから続く小さな商店街は「薬師あいロード」。シンボルマークも目をモチーフに作られている。

画像

以上、『目の薬師』新井薬師さんへのプチ旅行でした。

国が乱診乱療を後押ししています!

なんかこれまで2回引き下げた医療費(診療報酬)をまた引き下げるようなんですが、医療機関がバタバタ倒産している状況で、さらに収入を減らさせてどうしようというのでしょうかね。
診療報酬を下げるということは、一人診察したときの収入が下がるということなわけで、それでも赤字を免れようと思ったら、そりゃ数をこなして収入を増やすしか、あるいは一人当たりの医療行為を増やして収入を増やすの、どっちかしかないじゃないですか。
つまり、暗に国は乱診乱療を推奨しているってことなわけですわな。
ま、少なくとも「給料は減らすけど、さらに充実した仕事をしてね」って言われて、そのとおりできる人は普通いませんです。
—————————————————–
診療報酬:08年度に引き下げ 財務省が方針固める
財務省は5日、医師の給与などに充てる診療報酬を08年度に引き下げる方針を固めた。08年度予算の概算要求基準(シーリング)では、少子高齢化に伴って増え続ける社会保障関係費を約2200億円圧縮することを決めており、「確実に達成するには、大幅に増加が見込まれる医療分野の見直しは不可欠」と判断した。日本医師会は「過去の厳しいマイナス改定で医療崩壊が現実化している」と大幅引き上げを求めており、改定率が決まる年末に向けて調整が難航しそうだ。
財務省が5日の財政制度等審議会(財務相の諮問機関)で示した試算によると、デフレが始まった98年度を起点に、07年度までの人件費(人事院勧告)と物件費(消費者物価指数)の推移をみたところ、人件費と物件費の加重平均は4.4%減になった。一方、薬価改定を除いた診療報酬本体は0.8%減にとどまっており、財務省は「近年の賃金や物価の下落を十分反映できておらず、引き下げの余地はある」と求めた。
財政審で異論はなく、今月下旬にまとめる建議(意見書)に盛り込む。国民医療費(患者負担含む)は06年度は約33兆円で、25年度には56兆円に増加する見通しだ。医師などの人件費はそのうち約5割を占めている。
日本医師会は10月30日、地域医療支援や医療安全対策、医療の質確保の費用として5.7%の診療報酬引き上げを求めた要望書をまとめており、今回の財務省の方針に対する反発が予想される。診療報酬は1%引き下げると医療費ベースで約800億円の削減につながり、前回の06年度改定では過去最大の3.16%引き下げた。次は08年度が改定期となる。
医療分野では医師不足など深刻な問題も多く、財務省は、診療報酬は引き下げるが、今年5月末にまとめた政府・与党合意の「緊急医師確保対策」に基づき、地方に必要な医師の確保などは行う方針だ。【須佐美玲子】
毎日新聞 2007年11月5日 20時43分

韓国の最新ミネラル水事情

週末に、韓国の眼科学会に遊びに勉強しに行ってきた。
その際、韓国のセブンイレブンで見つけたミネラル水。

画像
(注:右側の製品は韓国製品ではありません
画像
(注:右側の製品は韓国製品ではありません)
……
……
……

私としては、韓国は既に、こういうことはしないでもいい国になっていると思っているのだが、真剣勝負なのだろうかあるいはウケ狙いなのだろうのか?