YAHOO!ニュースから熊本駅0番のりばの紹介が。

YAHOO!ニュース「意外に多い ホーム欠番の駅
から、私のサイトの中の熊本駅0番Aのりば・0番Bのりば紹介のページに向けてリンクが貼られていた。
………
………
………
リンクした人が本当に紹介したかったのは、熊本駅の0番のりばではなくて、そのページの下のほうに掲載してある「田宮二郎内科」ではないか、と疑うところである。

世界の水源から

昨日はエビアンで有名なエビアンという街を訪れ、夜はヴィシーというこれまた水で有名な町で泊まりました。
今日はボルビックで有名なボルビックを訪れました。
ボルビックの水は、火山層をくぐってできた天然ミネラル水だとのことです。
その火山ですが…

画像

阿蘇山で同じような光景を目にした記憶が蘇ります。
ついでに言えば、東京都の青ヶ島よりもしょぼいかも。
しかし水量は豊富なようで、そのボルビックの展示施設の水洗トイレの様子を一応アップしておきます。
さて、今日はそのあと東南にくだり、モンテリマールなる街の、高速道路のサービスエリア併設ホテルから、無料インターネットで接続しています。
ここにたどり着く直前に見た不思議な建造物

画像

裸の子供がピラミッドの頂上に向けて、何かをこぼしている壁画が。
…なんとなく、漫画の「アキラ」なぞを連想させてちょっと怖い。
あとからインターネットで確認したら、これは原子力発電所でした…
怖いわけだ…

世界の山々から

遅い夏休みで、おフランスにやって来ました。
昨日は、かの名高きモンブランのふもとの町、シャモニーで一泊。

画像

モンブランをフランス語で解釈すると、
「モン」=山
「ブラン」=白
つまり、日本風に言えば、「白山」なわけです。
ヨーロッパの白山ですから、さしづめ「欧州白山」と言ったところでしょうか。
その欧州白山のふもとの町は、冬場にはスキー客でにぎわうようです。
そして、そのふもとの町に流れる川が…

画像

白く濁っています。
…以上、草津温泉を髣髴とさせる町、シャモニーからのレポートでした。

ご長寿脅迫?

白内障手術を考えている患者さんとのありがちなやり取り
患者「眼の中に入れる人工レンズはどれくらい持つんですか?」
私「んー、30年とかいう話もあるので、○○さんが110歳くらいになったらもしかしたら交換するようになるかも知れませんが、実際は…」
患者「いやぁ、先生、そんな怖いこと言わないで。そんなに長くなくていいですよ。もうあと5年くらいでお迎えが来ますから…」
私「いやいやそう思っていても、これが案外なかなかこの世から離れられないことも多いようですよぉ!」
患者「いやぁ、もう勘弁ですよぉ…」

手術室、今日のBGM

手術中のBGMとして、主に昭和歌謡をかけていることは何度か書いている。
今日はいつもかけている名曲集とは違うシリーズを、手術室看護士さんが既に準備してた。
そのレパートリーの一部を挙げると…
東京ブギウギ(笠置シヅ子) (古きよき時代)
上海帰りのリル(津山兼) (いい歌です)
東京のバスガール(初代コロムビアローズ) (お気に入りの一曲)
自動車ショー歌(小林旭) (これはオッサン達の前でカラオケで歌うと結構受ける)
スーダラ節(植木等)
ドント節(植木等)

手術室で、「サラリーマンは~、気楽な稼業とぉ、来たも~んだぁっ!!」なんてのもまたオツだと思うものの、さすがにちょっと選曲を考えないといかんなー、とか思っていたら、こんどは、
「わ~かい娘が、うっふ~ん」
とかいいだした。
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
「黄色いさくらんぼ」(スリー・キャッツ)ですよ…
選曲し直そう…